トップ > プライバシーポリシー

個人情報保護方針

個人情報保護の取り組みについて

 
清泉女学院中学高等学校(以下、「本校」という)は、在校生・保護者・卒業生・教職員など多くの個人情報を取り扱っています。教職員は、取り扱う個人情報保護の重要性を理解し法令に従って個人情報の保護に努めてまいります。
 
 1.基本的な考え方
 
 本校は、教育機関としての社会的責務を果たすため、「個人情報の保護に関する法律」を各種事業者に共通する最低限度のルールを定めたものとして位置づけ、単に法律を遵守するのみにとどまらず、個人情報を基本的人権の尊重とプライバシーの保護の観点から「本人からの貴重な預かりもの」として位置づけます。
 本校の業務に携わるすべての者は、この点を踏まえ、個人情報の適切な利用と保護がきわめて重要であるという認識のもとに個人の権利・利益を保護し、社会の信頼に応えるため、個人情報を尊重し、各種法令及び個人情報保護規程を遵守し正確かつ安全に取り扱います。
 
 2.上記に従い、以下の対応を行います
 
・ご家庭より個人情報と見なされる情報を提出していただく際には、その使用目的と使用範囲を明示します。
・提出された個人情報を正確かつ安全に取り扱うため、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、漏洩などの予防に万全を期すとともに、そのリスクの可能性が認められた場合、速やかに是正処置を講じます。
・提出された個人情報が不要になった場合は、責任をもって破棄いたします。
 
 本校では現在、「生徒情報カード」「緊急時避難カード」「健康カード」「戸籍に使われている字体」などを提出していただいております。これらは今後も上記の基本方針に従い運用させていただきます。クラスの電話番号リストも引き続き使用させていただきます。学外に漏洩することがないよう、本校ではもちろんのことですが、ご家庭でも取り扱いには十二分の注意をされ、不要になり次第、確実に破棄されますようお願いいたします。
 また、学校内で取り扱う個人情報の中には、テストの上位者の掲示、校外のコンクールやクラブ活動の大会で優秀な成績を収めた個人の紹介など教育効果を上げるために利用するものがあります。これにつきましては、主旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。
 
万一、こうしたもののなかで、個人の氏名など公表を希望されない場合がございましたら、クラス担任または、教頭までご連絡ください。

個人情報に関するお問い合わせについては、下記問い合わせ先にご連絡ください。     
 

プライバシーポリシーについて

当ウェブサイトは、清泉女学院中学高等学校(以下、本校といいます)が管理・運営をおこなっています。本校サイトをご利用されるお客様は、下記の規定をご了承されたものとさせていただきます。なお、これらの規定は、予告なく変更することがあります。

サイトの利用条件

データの権利者について

このホームページに含まれる全データ(全画像・全資料)についての著作権およびその他の権利は本校または本校に使用を認めた権利者に帰属します。このホームページは利用者個人がWWWのブラウザーを用いて、画面上で見ることを前提にしています。これらは私的使用や引用など、著作権法を含む各種の法律上認められている場合を除き、無断で転載・複製・印刷・配布・公衆送信などを行うことはできません。

免責事項について

当サイトは、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性については保証するものではありません。当サイトをご利用になったことにより生じるいかなる損害について一切責任を負いません。

当WEBへのリンクについて

本校ではインターネット上に公開されている当サイトへのリンクは自由と考えて運用しておりますが、リンクをご希望の方はご連絡いただいた上でお張りくださ い。ただし、<http://www.seisen-h.ed.jp/>以外のURLは予告なく変更・削除する場合があります。

プライバシーの保護について

個人情報の収集

当サイトの一部のページでは、利用される方個人の情報をお伺いする場合がありますが、収集した情報を許可なく第三者に対して開示することはありません。

cookieについて

当サイトの一部のページでは、機能向上のためにcookieを使用しIPアドレス、検索キーワード、参照されたURLをログとして保存致しますが収集した情報を許可なく第三者に対して開示することはありません。

アクセスログの収集

当ウェブサーバは、保守管理のために利用状況をアクセスログとして記録しています。このデータは、エラーが発生している場合の原因の究明、またページの利用状況を把握したコンテンツの内容を向上させる目的で利用します。これらは集計結果のかたちでのみ利用され、個人が特定でできるかたちで利用されることはありません。

いじめ防止基本方針

  清泉女学院中学高等学校では、「神の み前に 清く 正しく 愛深く」を教育のモットーとして、生徒一人ひとりをかけがえのない存在として大切にすると共に、互いに他者を思う豊かな心を育むことができるよう、日々の教育活動を通して実践しています。
  一方、平成25年9月28日に施行された「いじめ防止対策推進法」に基づき、いじめは、どの子どもにも、どの学校でも、起こりうる問題として捉え、学校・家庭・地域等が連携して、いじめの未然防止、早期発見、早期対応に取り組むことが重要であるとして、ここに「清泉女学院中学高等学校 いじめ防止基本方針」を策定いたしました。

いじめの定義
「いじめ」とは、生徒に対して、一定の人間関係にある他の生徒が行う(当該生徒と同じ学校に在籍していない場合も含む)心理的または物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当
該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。
(いじめ防止対策推進法第2条)

いじめの防止等に関する基本的な考え方

(1)本校のいじめ防止に関する基本的な姿勢
 私たちは、一人ひとりが神によって、神に似たものとして創られたかけがえのない存在です。この世界の中でもっとも大切にされなければならないのは、そのような人間の尊厳です。
 私たちは、キリストの教えに基づいたミッションスクールとして自分だけの幸福を追求するのではなく、戦争・飢餓・貧困・差別等の人間の尊厳を否定するものに深い関心を持ち、人間の尊厳を最も大切にする愛と献身に満ちた共同体になるよう努力しなければなりません。
 いじめは、いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがある人間の尊厳を否定する行為です。したがって、本校では、すべての生徒がいじめを行わず、ほかの生徒に対して行われるいじめを認識しながら放置することが無いよう、いじめが心身に及ぼす影響その他のいじめの問題に関する生徒の理解を深めることを旨として、いじめの防止等のための対策を行います。
 また、生徒が安全・安心に学校生活を送るため、周囲の友人や教職員との信頼関係が一層深まるよう、保護者と連携しながら学校づくりに努めます。
  
(2)いじめの禁止
 本校生徒は、いじめを行ってはいけません。
  
(3)学校及び教職員の責務 
 いじめが行われず、すべての生徒が安心して学習やその他の活動に取り組むことができるように、保護者等との連携を図りながら、学校全体でいじめの防止と早期発見に取り組むとともに、いじめが疑われる場合には、適切かつ迅速にこれに対処し、再発防止に努めます。

「いじめ防止対策委員会」の設置

 いじめの防止、いじめの早期発見及びいじめへの対処等に関する措置を実効的に行うため、「いじめ防止対策委員会」を設置し、年に3回程度開催します。いじめと疑われる相談・通報があった場合には、会議を緊急開催します。
 
(1)「いじめ防止対策委員会」の構成
    校長、教頭、生徒指導部長、学年主任
    ※ 検討事項や内容に応じて、学級担任等の出席又は依頼可能な第三者の参加を柔軟に検討し、校長が任命します。
      
(2)活動内容
    ・いじめ防止等の取組内容の検討、基本方針・年間計画作成・実行・検証・修正
    ・いじめに関する相談・通報への対応
    ・いじめの判断と情報収集
お問合せ先はこちら

清泉女学院中学高等学校〒247-0074 神奈川県鎌倉市城廻200TEL:0467-46-3171

お問合せフォーム