Special Program

03

BROADEN
Your Horizons

ライフ ナビゲーション
プログラム

未来を切り拓く知を創造する

かつてないスピードで大きく変化している現代社会において、私たちは予想もしなかった問題、答えのない問題に直面しています。本校のプログラムは、そうした問題に対して論理的・多角的に切り込み、創造的な解決策を探る英知を育みます。まずは目の前にある「やるべきこと」を確実に積み重ね、「できること」を増やしていきましょう。それが自信につながります。将来の目標となる「やりたいこと=なりたい自分」はその先に広がっています。

Special Program

03

BROADEN
Your Horizons

ライフ ナビゲーション
プログラム

Program-1

キャリアプログラム あなたが活躍する
世界を知ろう!

女性の社会進出が目覚ましい現代、社会を担う1人として、自分をどのように生かして行けるのか、大学進学の先に見える人生、将来の夢を育みたいと始められたのが、本校のキャリアプログラムです。企業や大学との連携、卒業生の協力によるキャリア教育など、経験を通して視野を広げる機会を活用しています。学年に応じた活動から自分自身を見つめ、将来自分の置かれた環境で自分を活かし、人のために尽くすことができる人に成長することを目標にしています。

フレッシュマンリターンズ/
卒業生からのメッセージ

生徒が自らの将来をより具体的に描けるよう、生徒にとって身近な「先輩」=卒業生から話を聞く機会をL.H.R.の時間に用意しています。生徒は、大学生からは、受験などの体験談や大学生活についての話を、社会で活躍する先輩からは仕事の内容や女性の働き方について、具体的なイメージをもって話を聞くことができます。また、各界で活動・活躍する卒業生を紹介した冊子「卒業生からのメッセージ」も、将来に向けて多様な可能性と生きる姿勢を紹介するツールとなっています。

大学出張授業

理系・文系は問わず、さまざまな大学の先生方から専門分野のお話を、高2で伺います。知的好奇心が刺激されるとともに、学問の広がりと可能性を感じられる時間です。

職場見学/外務省・
日本マイクロソフト等訪問

高1では、全員に対して、職場見学のプログラムが用意されおり、10~15種ほどの職業の中から1つを選び、夏休みを使って見学します。また、高2・高1の希望者が外務省や日本マイクロソフト・IBMなどの会社を訪問し、社会で働く姿勢や意義を直接感じ取る機会となっています。

Program-2

ロジカルシンキング 論理的な思考を鍛えよう!

今後の大学入試では、思考力・判断力・表現力がより重視されていきます。また、社会でも自らの頭で考え、結論を導き出し、それを伝えていく力が必要になります。そこで重要になってくるのが、情報や分析結果をもとに検証し、結論を導き出す『ロジカルシンキング(論理的思考)』です。本校では、中1から取り組んでいる「クリティカル・シンキング」で、前提の正しさや結果について批判的にみる力を協働的な学びの中で身につけながら、論理的に結論を導き出す力を育てています。また、中3で取り組む「論文」では、主体的な学びの中で、自らの考えを根拠や理由とともに、筋道を立てて表現する力を養い、『ロジカルシンキング(論理的思考)』に磨きをかけています。

クリティカル・シンキング

物事や情報を、多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解する力が、昨今求められています。学研の「クリティカルシンキング」を活用しながら、論理的思考力を養っています。

論文

中3は、論文で自ら探究したいテーマを見つけ、約半年かけて論文を完成させます。生徒一人に対し一人の教員が、資料の選択、読解、考察から、参考文献の整理、論文構成の組み立てを丁寧に指導します。

Program-3

クリエイティブシンキング 創造力を磨こう!

人の数だけ考え方があり、感じ方があり、生き方があります。ものを創り出すときには、アイデアを生み出す発想力が必要です。社会では枠組みにとらわれないのびやかで自由な発想が求められています。こうした「枠組みにとらわれない自由な発想」をクリエイティブシンキングと言います。本校では美術での絵本制作、国語での俳句・短歌、小説の創作を通じて、クリエイティブシンキングを養います。また優秀作品は毎年雑誌『Granos de Trigo』に掲載されます。


中3制作/創作絵本


『Granos de Trigo』

Program-4

ポートフォリオ 新しい入試制度に向けて、
経験を記録していこう!

来たる2020年度の大学入試改革に向けて、本校では高校3年間の「学びの記録」として「eポートフォリオ」の作成を指導しています。特に大切にしていることは、生徒個々人がそれぞれの大学での学びを予見した「学びの記録」を作成することです。それにより、生徒の自覚的、能動的な進路探究をサポートし、かつ大学側が求める生徒情報を効率的に蓄積することを目指します。

Special Program清泉スペシャル・プログラム

Copyright(C) Seisen Junior and Senior High School All rights reserved.

arrow