トップ >  学校紹介 > 校長挨拶

校長挨拶

    校章(小) 神の み前に 清く 正しく 愛ふかく

高倉校長写真

学校長
高倉 芳子
清泉女学院の歴史は、1934年(昭和9年)にスペインから4人のシスターが来日したところから始まります。その後、戦後の荒廃した時代に、学問とキリスト教的全人教育の場を日本の女性に!という理念のもと横須賀の地で学校がスタートしました。
そして1963年(昭和38年)、豊かな自然に囲まれた鎌倉市の玉縄城址に学校が移転してから約半世紀の月日が流れ現在に至っています。ここは、晴れた日に雄大な富士山や丹沢山系が美しい姿をのぞかせ、私達の心を和ませてくれます。
この恵まれた環境のもと、生徒たちが6年間を通し「真理を探求する心」、「まわりの人を喜ばせることを自分の喜びと感じる心」を授業、クラブ活動、委員会活動、学校行事など、日常の学校生活の中で育てていけるようこれからも努力して参ります。